チームによる組織的な開発プロセスをいかに効率的かつ確実に遂行していくか——これは開発業務に関わるすべての組織に共通する重要テーマだろう。組織の規模が大きくなれば、問題はより深刻になる。参加メンバーが多くなることで、プロジェクト全体に影響を及ぼすボトルネックが見えにくくなる危険性があるからだ。共有すべき情報や課題、プロジェクトの進捗状況などを可視化し、最小限の労力で迅速に管理できる基盤を確立しなければならないのである。

 このようなニーズにアトラシアン製品の活用で対応しているのが、ヤフーだ。同社は、検索やニュース、eコマースなど、100以上のサービスを提供する国内最大級のインターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営。1996年のサービス開始以来、今年で20周年を迎える。情報技術で人々の生活と社会を“UPDATE”していくため、新たなイノベーションを生み出すための開発を積極的に進めている。

This article is a sponsored article by
''.